大阪大学憲章の理念

大阪大学憲章の精神

 大阪大学は、それぞれの時代の社会の課題に応えるために、「地域に生き世界に伸びる」ことを自らの基本理念として宣言し、1931年の建学以来、自由闊達な市民社会と共にあらんとする精神を旨に、地域と世界に対して、優れた人材を輩出し、常に時代の先端的学術成果を生み出し、イノベーションをもたらしてきた。
 この原動力は、大阪大学の源流であ懐徳堂において育まれた逞しい市民精神にまでさかのぼり、学問の真髄を極める専門性の獲得に加え、幅広い見識に基づく確かな社会的判断力としての「教養」、異なる文化的話できる「国際性」、自由なイマジネーションと横断的なネットワークを構想する「デザイン力」を備えた人材を、時代を超えて育成し続けてきた。

OUビジョン2021

「大阪大学憲章」の基本理念を
第3期中期目標期間において実装

OPEN2021